photo

新型および季節性インフルエンザ流行にともなうチーム対策について

チーム関係者は活動中の感染を最低限に止めるため、以下を全員厳守下さい。
また、感染性胃腸炎(ノロウィルス等)・腸管出血性大腸菌感染症(O157等)も
同様の措置といたします。

〈1〉ライナーズの活動へ参加しようとする者(部員以外も含む)は、必ず体温を
把握
しておくこと。
〈2〉体温が37度以上ある者は活動へ参加しないこと。また至急その旨を必ず
マネージャーへ伝達すること。
〈3〉チーム活動終了直後は、石鹸での手洗い・うがいを忘れないこと。
〈4〉チーム役員は、チーム部員感染状況の把握に努めること。
〈5〉チームは、チーム内において感染者の拡大(部員3人超)を確認した場合、必ず
事前に関係先へ伝達
のうえ、必要に応じてチーム活動を一旦見合わせること。
〈6〉チーム内に感染者がいない場合でも、国内または関係先で集団感染が多発する
時期においては、チームは必要に応じてチーム活動を一旦見合わせること。
〈注〉初期風邪症状は全て新型および季節性インフルエンザとして扱います。
新型および季節性インフルエンザは無症状の潜伏期間で感染する特徴がありますが、チーム対策はやむを得ず発熱等発症後の対策となります。

| 東京都感染症情報センター |

コマツ ライナーズ
2016年01月04日改訂
2015年09月16日改訂
2013年01月25日改訂
2011年11月02日改訂
2009年09月01日発表