photo
ホーム > 試合結果一覧 > 2017年

2017年試合結果

3月25日 4月8日 5月13日 6月10日 6月24日 7月8日
7月22日 8月19日 9月9日 9月23日 10月14日 10月28日
11月11日

2017年3月25日(土)12:00〜14:00 派遣審判付
墨田区錦糸公園野球場A面(ホーム) 開幕戦 | 選手成績速報 |

TEAM
関東S.F.000010-1
ライナーズ02401X-7
 週初めに開花宣言され、いよいよ開幕。今季初戦は関東スローフーズさんにお相手頂きました。
 後攻ライナーズは西村投手が4年ぶりに開幕登板。テンポ良く安定した投球でゼロ封を続け、時折のピンチも凌いだ。五回からは今季投手登録された斉藤監督が満を持して継投。5年ぶりのマウンドへ上がり期待を裏切る好投で締めくくった。
 一方打線では3番4番が大ブレーキとなり上位打線では1得点だけ。反面下位打線は元気良く6得点を挙げた。中でも桂右翼手は2打席連続安打、三回には永田捕手が中堅へ2点適時打を放ち、もつれそうな足を必死にこらえて三塁まで走った。木村一塁手は最後まで幾度も三盗に執心し走り続けた。
 またこの日 総勢17選手がベンチ入り。ご家族6名の声援も有難うございました!


上へページの先頭へ戻る

p
三回 中堅超の2点適時打を放つ
p
好投で開幕を飾る
p
保険を掛けて好投

2017年4月8日(土)12:00〜14:00
港区青山運動場野球場(ホーム) 雨天中止 | 選手成績速報 |

TEAM
ライナーズ--------
東京B.P.--------


上へページの先頭へ戻る





2017年5月13日(土)12:00〜14:00 派遣審判付
港区青山運動場野球場(ホーム) 雨天中止 | 選手成績速報 |

TEAM
ライナーズ--------
山浦学院--------


上へページの先頭へ戻る





2017年6月10日(土)14:00〜16:00
墨田区錦糸公園野球場B面(ホーム) 第2戦 | 選手成績速報 |

TEAM
東京B.P.10050--6
ライナーズ33104--11
 雨天中止が続き二ヶ月半ぶりの第2戦は東京ベイパッカーズさんにお相手頂きました。
 初回1点を先制されたものの、老兵橋本三塁手の適時打と激走で逆転。続く二回には直前に好守備を見せた金子中堅手が強運の3ランを放ち大きくリードした。先発三島投手も好投を続けた。
 しかし恒例の守備陣崩壊が四回表に起こり、大量5点を献上し1点差まで詰め寄られた。五回、吉田左翼手の走塁に助けられた山本右翼手の打球が1点適時打となった後、さらに木村一塁手の打球も、思いもよらぬ右翼線へ飛球し幸運にも3点打となった。この試合の決勝点は三回二死から高橋遊撃野手の振り逃げである。陰でこうした最後まで諦めないプレーが幸運を味方につけたのかもしれない。
 また暑い中ご家族の声援有難うございました。試合後の生ビールは44杯、試合中より元気があった。


上へページの先頭へ戻る

p
二回ウラ 右中間へ3ランを放つ
p
先発で見事な投球
p
陰での決勝プレー

2017年6月24日(土)13:00〜15:00 派遣審判付
江東区猿江恩賜公園野球場(ホーム) 第3戦 | 選手成績速報 |

TEAM
銀八204910-16
ライナーズ020111-5
 今季第3戦目はリコーを母体とする銀八さんに初めてお相手頂きました。8年ぶりの始球式のお許しを頂き有難うございました。
 初回から連打で2点を失う苦しいスタートのライナーズ。二回裏 桂・大野コンビが4盗塁で生還し同点に追いついたものの、続く三回表には迎撃され瞬く間に4点差となった。なおも四回、打者12人の猛攻にさらされ9点を失い、試合の流れは決まった。
 しかしここからレア登場の原田部長の適時打や、吉田右翼手がソロHRを放つなど地道に毎回加点を重ね、ライナーズは最後まで諦めなかった。この試合 下位打線は粘りを見せたが、アウトの72%が2番から5番だった。


上へページの先頭へ戻る

p
最終回 左翼へ執念のHRを放つ
p
8年ぶりの始球式
p
レア登場の部長

2017年7月8日(土)17:00〜19:00 ナイター
港区青山運動場野球場(ホーム) 第4戦 | 選手成績速報 |

TEAM
東京JUNKS201343-13
ライナーズ010000-1
 連日30℃を超える中、第4戦は一年ぶりに東京JUNKSさんにお相手頂きました。またこの日 休部中の飯田選手に終日審判頂き有難うございました。
 初回ライナーズは2点を失うものの、二回裏には望月・高橋両選手の連打で1点を返し、僅差で試合は後半へ入った。
 四回から後半組と入れ替わった途端、怒涛の失点が続き、点差は10点以上開き息絶えた。後半の野手失策は前半の5倍、与四死球は3倍を超えた。
 この試合、新人尾川左翼手が本塁刺殺するなど好プレーも見られたが、野手失策による失点は何と8点の大自滅。敵は自軍にあり。夜遅くまで反省会で静かにネパった。


上へページの先頭へ戻る

p
二回裏 右翼へ安打し打線を繋ぐ
p
自軍唯一の適時打
p
意気消沈しネパる

2017年7月22日(土)17:00〜19:00 ナイター 派遣審判付
江東区猿江恩賜公園野球場(ホーム) 第5戦 | 選手成績速報 |

TEAM
関東S.F.040000-4
ライナーズ07012X-10
 第5戦目はいつもお世話になっている関東スローフーズさんにお相手頂きました。また7ヶ月ぶりに細川三塁手が応援に駆けつけてくれました。暑い中大変有難うございました。
 両軍初回から膠着し大きく試合が動いたのは二回、先制したのは関東スローフーズさん。先発三島投手を打者9人が襲いかかり一挙4点を奪われた。しかしその裏ライナーズも打者13人の猛反撃で7人が生還、逆転に成功した。
 後半は、橋本三塁手の衰えぬ還暦プレーなどで追撃を阻止しリードを維持。Jon左翼手は山○通いで酷使した腰や脇腹を痛めながら地道に加点し、ライナーズが突き放す形となり軍配が挙がった。
 この日、全身泥だらけになったのは一人だけでしたが、実はみんなで頑張りました。


上へページの先頭へ戻る

p
軽快なボール捌きで追撃を防ぐ
p
脇腹痛めて適時打
p
栃木から応援来る

2017年8月19日(土)17:00〜19:00 ナイター 派遣審判付
港区青山運動場野球場(ホーム) 雨天中止 | 選手成績速報 |

TEAM
ライナーズ--------
銀八--------


上へページの先頭へ戻る





2017年9月9日(土)16:00〜18:00 ナイター 派遣審判付
墨田区錦糸公園野球場A面(ホーム) 紅白戦 | 選手成績速報 |

TEAM
黒 組32024--11
紅 組00407--11
 この日は秋雨前線が通過する合間、久しぶりの好天に恵まれ三島投手の壮行紅白戦が行われました。シーズン中に紅白戦が行われるのは三年ぶり、ちびっ子やご家族の皆様も応援にベンチ入り。
 斉藤監督率いる平均年齢40歳の黒組と、岩瀬主将率いる平均年齢42歳の紅組の対戦。紅白戦といえども成績記録されるとあって、和やかな中にも選手は真剣そのもの。初回から終始 黒組優勢の展開が続き7点差の最終回、黒組斉藤監督はトドメに伝家の宝刀を抜いたが、紅組の粘り激しく同点に追いつかれ幕切れとなった。
 また、この最終回に岩瀬主将は前人未到の通算100盗塁を達成。在籍15年93試合目の到達となりました。過去には転勤先の関西から夜行バスに乗り、休むことなく執念で出場し走り続けた結果です。将来二人目は現れないと見られています。


上へページの先頭へ戻る

p
前人未到の通算100盗塁を達成
p
人生初めて胴上げ
p
伝家の宝刀折れる?

2017年9月23日(土)13:00〜15:00 派遣審判付
江東区猿江恩賜公園野球場(ホーム) 雨天中止 | 選手成績速報 |

TEAM
ライナーズ--------
銀八--------


上へページの先頭へ戻る





2017年10月14日(土)12:00〜14:00 派遣審判付
墨田区錦糸公園野球場A面(ホーム) 第6戦 | 選手成績速報 |

TEAM
東京B.P.032112312
ライナーズ10401006
 第6戦目は直前までの雨が奇跡的にあがり東京ベイパッカーズさんにお相手頂きました。
 初回 三塁線を痛打出塁した斉藤亨一塁手が生還し先制。しかし二回以降相手打線の砲火にさらされ、瞬く間に逆転を許し4点引き離された。
 追従したいライナーズは、三回 原田部長が左中間を破る三塁打を放ち追撃の狼煙を上げた。山本捕手は、なぜか野手が捕れない「悪魔のゴロ」を2打席連続で放ち、ひとりで2点を奪還。さらに桂右翼手の巧みな走塁で、ついにこの回同点とした。
 四回から先発西村投手に代わり斉藤仁監督が継投するも、相手打線の猛攻は止まず再び劣勢となった。五回、大野二塁手が間隙を縫い生還し1点差に詰め寄ったが、後続はことごとく討死。その間守備では失策を重ね、傷口がさらに大きく開き力尽きた。野手失策による失点は何と9点、塁上憤死は5つにも及び二桁失点で自沈した。


上へページの先頭へ戻る

p
三塁線を破り先制へ火蓋を切る
p
秘打 悪魔のゴロ
p
俊足を活かし生還

2017年10月28日(土)13:00〜15:00 派遣審判付
江東区猿江恩賜公園野球場(ホーム) 雨天中止 | 選手成績速報 |

TEAM
ライナーズ--------
山浦学院--------


上へページの先頭へ戻る





2017年11月11日(土)12:00〜14:00
港区青山運動場野球場(ホーム) 最終戦 | 選手成績速報 |

TEAM
ライナーズ010011-3
Gois210305-11
 今季最終戦はGoisさんと初めての対戦。感謝!
ライナーズは今季初めての先攻。幸先よく先頭大野二塁手が俊足を活かした内野安打で出塁。しかし続く吉田投手強振の打球は不運にも三直で併殺となり生還は果たせなかった。この不運はさらに続いた。
 二回表1点差に詰め寄り、なお一死満塁で逆転の好機。続く斉藤亨一塁手の放った強打球を相手投手が弾き捕逸したが、遊撃が空中で好捕。三塁走者は戻れず、またも併殺となり追撃はならなかった。その後も多くの走者が生還できぬ残塁あるいは塁上で倒れた。
 今季はほとんどの試合が二桁となる大荒れ状態が続いたが、最終戦もライナーズらしく野手失策で7点を献上し、二桁失点で自沈した。一方タイトル争いも僅差で熾烈を極めた。チーム出塁目標は9人が達成したが、自滅失点が過去5年間で最多となり、星0.5のまま一年を閉じた。


上へページの先頭へ戻る

p
二回表 右翼へ適時打を放ち追撃
p
職人技で連続安打
p
好打も不運の併殺