photo
ホーム > 試合結果一覧 > 2016年

2016年試合結果

3月26日 4月9日 4月23日 5月14日 6月11日 6月25日
7月9日 7月23日 8月20日 9月10日 9月24日 10月22日
11月12日

2016年3月26日(土)13:00〜15:00
江東区猿江恩賜公園野球場第1面(ホーム) 開幕戦 | 選手成績速報 |

TEAM
ライナーズ101005-7
関東S.F.200020-4
 2016年開幕戦は天候に恵まれ、関東スローフーズさんにお相手頂きました。有難うございました。
 初回先攻のライナーズは1点を先制したものの、硬くなった野手陣の連続失策であっけなく逆転を許した。終盤まで両軍均衡が続く中、五回にはまた2点を離され試合の流れは完全に逆風となった。
 しかしこのまま終わると思われた最終回、復帰を目指す堀内左翼手が三塁打を放ち、消沈するベンチを奮起させた。また三島・浜野両選手が後に続き、さらに細川三塁手が2点適時打を放ちついに同点。加えて金子中堅手も決勝点となる逆転打を放った。なおも続く吉田投手もツーランを放ち、この回5連打5点を奪い奇跡的に逆転を果たした。
 吉田投手は安定した見事な投球で六回を完投し、斉藤新監督は就任初戦を白星で飾った。


上へページの先頭へ戻る

p
監督就任の初戦を逆転白星で飾る
p
最終回 決勝打放つ
p
粘りの同点三塁打

2016年4月9日(土)12:00〜14:00 派遣審判付
港区青山運動場野球場(ホーム) 第2戦 | 選手成績速報 |

TEAM
ライナーズ41010219
山浦学院00022228
 まだ4月なのに気温23℃の第2戦目、山浦学院さんと対戦。気温さながらの熱い大接戦でした。
 初回先攻のライナーズは、立上がり打者9人の猛攻で4点を先制。続く二回にも加点し、珍しく序盤で大きくリードした。誰もが「ライナーズらしくない」と口を揃えた。
 一方、先発西村投手は毎回得点圏にまで追撃される中、終始安定した投球で生還を譲らなかった。
 しかし四回、右腕を傷めた 後続吉田投手が猛追にさらされ、瞬く間に点差は縮まった。試練の中、それでも戦線離脱することなく奮投続けた。
 最終回に入っても更に点差が詰まりその差1点。走者二三塁であわやサヨナラのピンチを迎えたが、崖っぷちで辛くも難を逃れた。終わってみれば、やっぱりライナーズらしかった。


上へページの先頭へ戻る

p
先発三回を安定した投球でゼロ封
p
最終回貴重な加点
p
2打数2安打で活躍

2016年4月23日(土)14:00〜16:00 派遣審判付
墨田区錦糸公園野球場B面(ホーム) 第3戦 | 選手成績速報 |

TEAM
BW01020003
ライナーズ10011003
 第3戦目はベンチウォーマーズ(BW)さんにお相手頂きました。有難うございました!ユニフォームデザインが同じため、初対戦ながら身近な家族という感じがします。6年ぶりに黒色を着用。
 初回先発の西村投手は3人を抑え、その裏ライナーズは敵失で先制。しかし直後の二回にソロ本塁打で、すぐに同点となった。その後 敵投手のライナーズ打線を手玉に取る見事な投球を前にして、クリーンナップが大ブレーキとなり凡打の山を築いた。
 均衡が続く中、ライナーズはついに四回二死から2点を失い万事休す。四回裏に加点し1点を追いかける五回、一死 一・三塁から斉藤(亨)一塁手が投ゴロの間、果敢に本塁へ突入し、かろうじて同点とした。終盤も拮抗し両軍ともに後一歩 本塁に届かず引き分けとなった。ライナーズにとっては本塁どころか一塁さえも遠かった。


上へページの先頭へ戻る

p
五回裏 果敢な本塁への突入で同点
p
低打線の中2安打
p
先発し七回を完投

2016年5月14日(土)12:00〜14:00 派遣審判付
墨田区錦糸公園野球場B面(ホーム) 第4戦 | 選手成績速報 |

TEAM
テイタン10768--22
ライナーズ30022--7
 第4戦目はテイタン野球部さんと初めて対戦頂きました。有難うございました。
 初回ライナーズは1点を先行されたものの、その裏すぐに先頭から4連続安打などで3点を返し逆転に成功した。
 しかし中盤三回、内野の失策から始まった7打席連続長短打で大量7点を失い、一気に試合の流れが傾いた。続く回も流れは止まらず、野手陣は完全に乱れ、被安打2本で6点を失い死に体となった。
 こんな中でも新人Jon外野手は2安打2得点、長老橋本三塁手も2安打を放ち応戦し、最終回まで諦めず打線を良くつなぎ粘った。戦局好転せず年間総失点の三分の一弱を一試合で献上してしまったが、打線は善戦した。


上へページの先頭へ戻る

p
2打席連続安打で大量点差を追撃
p
諦めず打線を繋ぐ
p
スペインで反省

2016年6月11日(土)12:00〜14:00 派遣審判付
墨田区錦糸公園野球場B面(ホーム) 第5戦 | 選手成績速報 |

TEAM
チームKei001027-3
ライナーズ00100TU-1
 梅雨入りして気温が30℃に達した暑い中、第5戦目は半年ぶりにチームKeiさんにお相手頂きました。有難うございました。
 前半 先発吉田投手の安定した好投と安三塁手の好守備で、珍しくまるで野球のような%W開に。三回に1点を先行されたものの、その裏すぐ、三島捕手の果敢な生還で同点に追いついた。その後中盤以降も均衡は続き緊張状態が長く続いた。
 五回 失策が重なり2点を失い、その裏 奥二塁手が二試合連続の安打を放ち追撃を図ったが後続を断たれてしまった。最終回はライナーズらしく完全に自己崩壊してしまったが、終盤まで辛抱強くよく守り打線も健闘した。この日チーム見学に2名いらして頂きました。有難うございました。


上へページの先頭へ戻る

p
三回 汚名挽回の好走塁で生還
p
二塁打で追撃図る
p
救援捕手?登場

2016年6月25日(土)13:00〜15:00 派遣審判付
江東区猿江恩賜公園野球場(ホーム) 雨天中止 | 選手成績速報 |

TEAM
関東S.F.--------
ライナーズ--------


上へページの先頭へ戻る


2016年7月9日(土)17:00〜19:00 ナイター
港区青山運動場野球場(ホーム) 雨天中止 | 選手成績速報 |

TEAM
東京B.P.--------
ライナーズ--------


上へページの先頭へ戻る


2016年7月23日(土)16:00〜18:00 ナイター 派遣審判付
墨田区錦糸公園野球場B面(ホーム) 第6戦 | 選手成績速報 |

TEAM
ライナーズ000013-4
東京JUNKS221023-10
 まだ梅雨明けきらぬ第6戦は東京ジャンクスさんにお相手頂きました。7月でも涼しく清々しい野球日和でした。
 ライナーズは序盤から効率よく着実に加点を許し、中盤までにを大きく引き離された。何とか一矢報いたいライナーズ。打線は得点圏まで進塁するも、終盤まで後一歩生還することは出来なかった。ホームベースに魔物でも棲んでいるのか、二度の満塁を含み残塁は9個にも及んだ。
 そんな中でも新人大野一塁手は大奮闘。三回表にはチーム初安打を放ち、積極的な走塁と守備機会も多く活躍を見せた。しかし、点差は最後まで縮まらず完敗に終わってしまった。
 この日、体験入部や選手家族が応援に来てくれました。有難うございました!


上へページの先頭へ戻る

p
三回表 デビュー戦で安打を放つ
p
4試合ぶりの出場
p
本塁に魔物出現か

2016年8月20日(土)17:00〜19:00 ナイター 派遣審判付
港区青山運動場野球場(ホーム) 第7戦 | 選手成績速報 |

TEAM
ライナーズ1000---1
山浦学院081X---9
 第7戦は台風が同時に3個やって来ている中、試合前に運良く雨が上がり山浦学院さんにお相手頂きました。さすが人工芝。
 初回先行のライナーズは2つの安打で効率良く先制、その裏も堅実に守った。このまま流れに乗れるかと思いきや、二回裏 山浦打線13人の猛攻にさらされ、あっという間に8点を失い撃沈。三回にも一点を失い、ライナーズは死に体となった。
 ここで四回裏に雨が始め、一死の時点で雨足が強くなり一時中断。中断は20分ほど続いたが、残念ながら水溜りが出来始め雨天コールド(中断試合)となった。過去ライナーズにとって四回で時間終了することは珍しくないが、雨天で途中終了するのは初めての事。チーム記録では敗戦が記録される。
 荒天の中ベンチ入り 本当に有難うございました!


上へページの先頭へ戻る

p
四回裏 降雨を避けベンチで待つ
p
球場整備を続ける
p
最後は元気に練習

2016年9月10日(土)16:00〜18:00 ナイター
墨田区錦糸公園野球場B面(ホーム) 第8戦 | 選手成績速報 |

TEAM
ライナーズ112305-7
東京B.P.310011TU-5
 第8戦は7月に雨天で流れてしまった東京ベイパッカーズさんと初対戦。有難うございました。
 初回先行のライナーズは挟撃の間に1点を先制したその裏、いつもはマスクを被る三島捕手が先発で初登板。緊張のなか3点を失い逆転されたものの、順応早く二回以降は軽快で華麗な投球をみせた。
 二回、桂・斉藤(仁)両内野手が安打で点差を縮め、ついに三回 三島投手が左中間へツーランを放ち同点に追いついた。続く四回には走者2人を置き、大野一塁手が俊足の内野安打で逆転に成功。なおも2点を加点した。最終回には、高橋内野手の2点適時打を含む4連打など打者一巡の猛攻となったが時間切れ。野手の自滅も少なく、継投の吉田投手が安定した投球でリードを守った。今季目標の4勝まで後一つとなった。この日3名が入部してくれました!


上へページの先頭へ戻る

p
先発初登板し2ランで勝利投手
p
神戸から部長参戦
p
監督2安打3打点

2016年9月24日(土)13:00〜15:00
江東区猿江恩賜公園野球場(ホーム) 雨天中止 | 選手成績速報 |

TEAM
関東S.F.--------
ライナーズ--------


上へページの先頭へ戻る


2016年10月22日(土)13:00〜15:00
江東区猿江恩賜公園野球場第2面(ビジター) 第9戦 | 選手成績速報 |

TEAM
ライナーズ323210-11
関東S.F.200111-5
 第9戦は、いつもお世話になっている関東スローフーズさんと対戦。有難うございました。
 ライナーズ打線は初回から元気よく得点を重ね、15人全員が出場し一塁ベースを踏んだ。さらに四回には二死から三島捕手が2試合連続のツーランを放ち、ライナーズは今季初めて2桁を得点した。
 一方 先発吉田投手は安定した投球でリードを守り今季2勝目を挙げた。五回からは秘策の大野一塁手が継投、伝家の宝刀を披露した。斉藤(仁)監督はドタ欠も出るなか難しい采配を駆使し、就任初年でみごと今季目標の4勝を達成した。
 この日は今年の新人選手6名が初めて勢揃い、大活躍しました。またベンチでから熱いご家族の声援ありがとうございました!いよいよ次回は今季タイトルを占う最終戦。打得点は斉藤(仁)・三島・吉田・斉藤(亨)の4選手が、盗塁では大野・望月・吉田・金子の4選手が大混戦。三島・大野・西村の3選手は既に出塁賞が確定し、この中で首位打者が争われる模様です。


上へページの先頭へ戻る

p
五回 ベールを脱いだ伝家の宝刀
p
4番は風格が重要
p
初安打で初打点
p
デビューで初安打
p
フル出場全力疾走

2016年11月12日(土)12:30〜14:30
港区麻布運動場野球場(ホーム) 最終戦 | 選手成績速報 |

TEAM
ライナーズ00002136
東京B.P.080101X10
 今季最終戦は東京ベイパッカーズさんにお相手頂きました。前日の雨で球場コンデションが悪く、球場事務室の皆さんがグラウンド整備を行って下さり、30分遅れの開始となりました。
 この日ライナーズは総勢19名が参加、四回にチームを総入れ替えした。前半チームは二回裏、内野陣の失策から一気に崩れ落ち、猛攻に耐えられず大量8失点を喫し自滅。打線も全く振るわず、完封されたまま、後半チームへバトンを渡した。
 ゼロ封が続く五回、何とか一矢報いたい後半チームは、斉藤(仁)監督自ら2点適時打を放ち完封を回避した。その後も毎回得点を重ね追撃した後半チームだったが、前半チームの失点を覆すことは出来なかった。
 残念ながら昨季に続き負け越しで幕を閉じたものの、活動を予定通りすすめる事ができました。一年間お疲れ様でした!


上へページの先頭へ戻る

p
五回表 三塁打を放ち完封を回避
p
よけて三振の珍事
p
広尾でインド料理